コラム記事一覧

病気の呼称が生活習慣病と決定されたのには、病気の原因を取り除くためにも、「ご自身の生活習慣を改め、予防意識を高めましょう!」というような啓発的な意味もあったらしいですね。コンドロイチンと称されているのは、関節を正常に動かすために必要な軟骨に含有されている成分です。関節部分の骨端同士の激突防止とか衝撃を抑えるなどの不可欠な役目を持っているのです。ビフィズス菌が腸内に生息している悪玉菌の活動を抑止する...

生活習慣病というのは、長い期間の生活習慣が深く関係しており、一般的に言って40歳になるかならないかという頃から発症する確率が高くなると告知されている病気の総称です。中性脂肪が血液中で一定量を超えると、動脈硬化を進展させる1つのファクターになると考えられています。その為、中性脂肪測定は動脈硬化関係の疾患とは無縁の生活を送るためにも、忘れずに受けてほしいですね。病院などでよく耳にすることがある「コレス...

身体内の血管壁にとどまっているコレステロールを肝臓に運ぶという役割を担うHDL(善玉)と、肝臓にあるコレステロールを全組織に届けるという役割を担うLDL(悪玉)があるとのことです。我々自身がネットを通じてサプリメントをチョイスする時に、基本的な知識がないという状況だとすれば、人の話しや健康情報誌などの情報を鵜呑みにする形で決定することになってしまいます。マルチビタミンには、一切合切のビタミンが含ま...

身動きの軽い動きに関しましては、身体の要所に存在する軟骨がクッションの役割を担ってくれることで実現できるものなのです。そうは言っても、この軟骨を構成する成分の一種であるグルコサミンは、年齢を重ねれば低減してしまうのです。コエンザイムQ10は、元を正せば医薬品の中の1つとして有効利用されていたほど効き目のある成分でありまして、そういうわけで健康機能食品等でも含有されるようになったわけです。健康を保持...

様々な効果を有するサプリメントとは言いましても、のみ過ぎたり所定の薬品と同時並行的に飲用すると、副作用が生じる危険性があります。「便秘なのでお肌が最悪状態!」と言っている方も少なくないようですが、これにつきましては悪玉菌が原因だと思われます。そういうわけで、悪玉菌の作用を低下させるビフィズス菌を体内に摂り入れれば、肌荒れも少しすれば治ってくるでしょう。サプリメントを買いたい気持ちも理解できますが、...